Akari Translations

The bridge between languages, cultures, and people
言葉、文化、人の架け橋に

 英語キャンプを開催しようと思ったいきさつ



私は子どもたちと働くことが大好きです。教師になった一番の理由は大好きな子どもたちと毎日を過ごしたかったからです。そして世界の平和に微力なりとも貢献したかったからです。マハトマ・ガンジーも言っています。「平和な世界をつくるためには、まず子ども達の教育から始めなくては」と。

私が子どもとその保護者向けの英語のキャンプを開催したり、マウイの子ども達に語学を教えたりしている一番の理由は、子ども達に世界に興味を持ってもらいたいからです。そして世界の人々と出会ってほしいと思います。そうすることで世界にお友達が出来ます。そしたらこの世はもっと平和になるのではと思うのです。誰だってお友達の頭の上に爆弾は落としたくないですから。私はバルカン戦争で影響を受けた子ども達のためにクロアチアで開かれたサマーキャンプで、2004年にボランティアをしました。そのときに子ども達が色々な地域から来ましたが、子ども達同士、「憎むべき敵の子」も同じように可笑しかったら笑ったり、足をぶつければ痛がったり、辛いことがあったら悲しんだり、お腹が空いたりするということを目の当たりにしながら友達になっていく様子を見て、いたく感動しました。
 
私は日本人として生まれました。育ててくれた日本に感謝をし、日本の素晴らしい文化を誇りに思うと共に、自分を「日本人」だけだとは思っていません。私たちは思いにおいて、言葉において、行いにおいて自身を「地球人」と意識して生きていく必要性のある時代にあると思います。子どもは私たち人類の宝であり、希望です。その子ども達が大きな視野で物事を見て、「どうやったら世界のみんなが幸せに暮らせるのか、自分に何が出来るのか」と常に問う地球人になれますよう、それと同時に自身の毎日に存在する身近な人や物事を大切に出来るそんな地球人になっていけますよう、そのお手伝いをすることが私の願いであります。

その一環として、この英語キャンプを開くことにしました。この英語キャンプは他の英語キャンプと違い、園児だけでなく保護者も英語を学べるよう、カリキュラムが組まれています。自然の美しさ溢れるマウイで、のびのびとご家族で英語に触れて頂ければと思っております。価格もお求め易いように設定いたしました。また親子で参加出来るだけでなく、午前中は別れて指導を受けられるキャンプは珍しいようで、その点が好評です。
English camp on Maui
Stacks Image 443
Stacks Image 446